暑中見舞いを書こう

いつ出せばいいの?

いつ出せばいいの? イメージ

夏の近況報告とご挨拶に欠かせないツール、「暑中見舞い」。
暑中見舞いは二十四節気のひとつ「小暑」から「大暑」の間に出すものとされています。小暑はおおよそ7月7日頃で、いよいよ暑さが本格的になるという意味。大暑は7月22日頃で、最も暑さが極まる酷暑という意味です。
しかし暦の上では夏でも、実際の日本の気候では、小暑の時期はまだ梅雨。大暑の頃になっていよいよ夏本番となってきます。
そのため7月20日頃から立秋までに出す挨拶を「暑中見舞い」、それ以降を「残暑見舞い」として出すようにしましょう。

暑中見舞いには何を書けばいいの?

大暑の頃は、夏の暑さが強くなる頃です。そのため、暑中見舞いは相手のご様子を伺う目的で書き、体調を気遣うことが中心になります。まずは季節の挨拶である「暑中お見舞い申し上げます」か「残暑お見舞い申し上げます」と記します。次に相手の体調を気遣う言葉やこちらの近況報告をし、最後に相手の健康を祈る言葉で結びます。親しい人なら、家族の近況報告でも良いでしょう。

手書きで人間関係運アップ

手書きで人間関係運アップ イメージ

暑中見舞いにメールや電話ではなく、ハガキを使うのなら、ぜひ手書きにしましょう。心をこめてハガキに文字を書くという行為が、日ごろのご厚情に応えることであり、相手の様子を伺うのも形式ではなく、心からの気遣いとなります。枚数が多いのなら、年賀状のように子どもや家族の写真入りを用意し、手書きの文字を添えるだけでも良いでしょう。それだけで、相手との距離がグンと縮まります。

暑中見舞いの上手な使い方

ハガキを有効に使う人のなかには、友だちには年賀状を欠礼し、暑中見舞いで友情をあたためるという人がいます。年末年始と異なり、夏は時間の余裕もあり、ゆっくりとハガキを書けるのかも知れませんね。年を重ねると、一年に一度、年賀状だけの付き合いとなってしまう友だちが増えてきます。だんだん形式的な付き合いになってしまいますが、暑中見舞いで近況を報告し合えば、親しかった頃と同じような距離感で付き合えるでしょう。

ビジネスでも出しましょう

ビジネスでも出しましょう イメージ

暑中見舞いをビジネスに使う場合、目上の方や取引先に出すことが多くなります。そのような場合、家族の写真入りは年賀状同様、失礼になります。季節の風景や風物詩などを印刷したハガキなどを用意しましょう。今はインターネット上に無料の画像がありますので、それらをうまく利用しても良いと思います。印刷だけではなく、一筆、手書きを加えるようにします。できれば、ビジネスライクなありきたりの言葉ではなく、その人に向けたメッセージやタイムリーな話題を盛り込むと喜ばれることでしょう。

バックナンバー