お盆にご先祖様をお迎えしよう

祖霊をお祀りする日

祖霊をお祀りする日 イメージ

8月13日の夕方に先祖の霊を迎えてお祀りし、15日の夕方か16日にお送りするのがお盆です。先祖の霊を「精霊(しょうりょう)」といい、本来は旧暦の7月に行いますが、現在では8月に行います。

精霊は迎え火を目印に帰ってきます

13日の夕方、家の前で迎え火をたくのは、帰ってくる精霊が迷わないためです。素焼きのなべや皿に、松の根、檜の皮などを入れてたきますが、地方によって風習は様々です。お墓や道の辻でたくところや、地域でいっしょに迎え火をするところもあります。火をたくのが難しい場合には、盆提灯に火を灯して、迎え火とすることもあります。

盆棚をしつらえましょう

盆棚をしつらえましょう イメージ

お盆の前にはお墓や仏壇をきれいに掃除しておきます。13日の朝には、仏壇の前や縁側などに、盆棚をしつらえましょう。盆棚は精霊棚、先祖棚ともいわれ、帰ってきた先祖の霊がそこにおさまります。その霊を祀るためのものです。
盆棚にはマコモのゴザを敷き、笹竹を四隅に建てて縄を張り、縄にはほおずきなどをつります。最近は仏壇の前に、小さな机などを用意し、その上にしつらえるのが一般的です。 盆棚には、初物の果物や野菜、お菓子などをお供えします。先祖を送り迎えする乗り物という意味で、ナスやキュウリを牛や馬に見立てることもあります。お盆の間は精進料理を供え、水やお茶、ごはんは毎日三回、最初のものを供えます。朝夕にはお参りをしましょう。特に新盆の場合には、白い提灯を用意し、祀る期間も1週間と長くなります。

送り火で精霊は帰ります

お盆の終わりは、先祖の霊をあの世に送り出す、送り火をたきます。これはあの世に戻る先祖の道を照らしだすためのものです。送り火の風習も地域によってさまざまで、よくあるのは、精霊流し、灯篭流しといって、灯篭や紙でしつらえた舟などを川に流して、先祖の霊を送る行事です。静かに行うものや、花火をあげたりするものまで、いろいろな送り方があります。
いちばん有名な送り盆の風習は、京都の大文字の送り火でしょう。8月16日の夜、京都市を巡る五山に、「大」「妙法」などの文字、左大文字、舟形、鳥居形に象った火がたかれ、壮大な送り火で、先祖を送り出します。

バックナンバー