お月見をしましょう

秋の実りに感謝しましょう

秋の実りに感謝しましょう イメージ

お月見は、9月の中頃の満月の日に、お団子やすすきを供えて感謝するお祭りです。
月見の風習は、奈良時代から平安時代の間に中国から伝わりました。当時の貴族たちは月見の宴を催し、名月を和歌に詠み、秋の夜を楽しんでいました。この月見の風習が庶民に伝わり、秋の収穫物を供えて、実りに感謝する行事となっています。まん丸い月は、豊かさの象徴であり、秋の収穫を連想させるのです。

団子は盗んでもいい?

月見のお供え物には様々な言い伝えがあるのですが、なかでもユニークなものは盗みを働いてもいいといわれたものでしょう。「十五夜の団子を盗まれた家は豊作になる」「十五夜の団子を盗むとよいことがある」と言い伝えられています。地方によっては、昔、子供たちが供え物をもらい歩いたようです。

月見のお供え物は

月見のお供え物は イメージ

月見の夜には、秋の七草、月見団子や里芋、栗、秋の果物などを月が見える場所に供えます。
月見団子は三方に、十五夜にちなんで15個、あるいは月数の12個をのせます。形は丸く月を思わせるものが一般的ですが、地方によっては餡でくるむものもあります。食べ方も、そのままいただいたり、団子に餡やきな粉をまぶしていただいたりと様々です。
秋の七草は尾花(すすき)、萩、葛、撫子、桔梗、女郎花、藤袴です。このなかでもすすきには魔除けの意味があり、すすきだけをお供えすることが多くなっています。特に関東ではすすきをお供えしますが、関西ではなにも飾らないことが多いようです。
また里芋は一株で子芋、孫芋と増えるので、子孫繁栄の意味を込めてお供えします。
そのほか、柿や葡萄などの秋の果物、栗や枝豆、大根などの旬の野菜などとお神酒を供えることもあります。果物や野菜を供えて、秋の実りに感謝しましょう。

バックナンバー