七五三は子供の行事

七五三のはじまり

七五三のはじまり イメージ

七五三は、もともと三歳の「髪置き」、五歳の「袴着(はかまぎ)」、七歳の「帯解き」と、子供の年齢ごとの行事があり、その3つが合わさってできました。これらの行事は、公家や武家で行われていました。

髪置きは髪を伸ばし始める行事

三歳の男女が行っていた「髪置き」という行事は、それまで剃っていた髪をのばす儀式です。「櫛置き」ともいいます。鎌倉・室町時代の公家や武家で行われていました。昔は、年齢や地位によって髪型が異なり、髪にまつわる行事やならわしがたくさんありました。白髪に似せた帽子を子供にかぶらせて、「白髪が生えるくらいまで長生きするように」と願う行事もありました。

袴着は子供になった通過儀礼

五歳の男子が行う「袴着」は、五歳になって初めて袴を着せた子供を碁盤の上に立たせる儀式でした。これは幼児から子供になるための通過儀礼で、古くは三歳の儀式で、平安中期に、時の皇太子が三歳で行ったという記述が見られます。その後、平安末期から鎌倉時代に、五歳で祝うようになり、江戸時代に武家の男子が行う行事となりました。

帯解きは着物を帯で締め始める行事

袴着は子供になった通過儀礼 イメージ

七歳の女の子が行う「帯解き」は、それまで紐で着物をつけていましたが、この儀式によって帯を締めるようになります。「帯結び」「帯直し」「帯落とし」ともいわれます。地方によっては男子も行いますし、七歳以上の年齢でも行います。元は男子の袴着の行事で、それを女の子に適用し、帯解きの行事が生まれました。

江戸時代後期にひとつの行事に

これらの三歳、五歳、七歳の儀式は、古く平安時代から続いていたものですが、みっつあわさった儀式になったのは江戸時代後期といわれています。また現在のような形になったのは明治時代で、今のようにすべての家で行うようになったのは戦後のことです。意外にも行事として定着したのは最近のことなのですね。

11月15日に行う理由

11月15日に行う理由 イメージ

これらみっつの行事は、それぞれ行われる日取りも地域によってまちまちでした。それが、江戸時代になると、11月15日に定着していきます。いろいろな説があり、ひとつは五代将軍・綱吉の子、徳松のお祝いの日にちなんだといわれています。もうひとつは、陰陽道に由来し、ちょうどこの日が神を祀る霜月の真ん中に当たるためといわれています。
七五三には千歳飴を用意しますが、これは、細くて長いため、子供が長生きできるようにという願いがこめられています。袋にも長寿を願う鶴と亀が描かれ、縁起物として広まっています。江戸時代に、浅草、浅草寺の境内で売られたのが始まりといわれています。年の数だけ、袋の中に千歳飴を入れるのが一般的です。

バックナンバー