節分の豆まき、恵方巻き

節分はかつて年4回

節分の豆まき、恵方巻き イメージ

節分は、今では立春の前の日を指しますが、もともとは「季節=節」の分かれ目はすべて「節分」といわれていました。季節の分かれ目とされる立春、立夏、立秋、立冬の前の日はすべて節分というわけです。
現在のように立春の前の日を節分と呼ぶようになったのは、旧暦では立春に新しい年を迎えるため、特別な日とされたからだそうです。

豆をまいて福を呼び込みましょう

豆まき イメージ

豆まきでは、大豆を炒ったものを使います。自宅で大豆を炒ったり、市販の豆まき用の炒り豆を購入するなどして用意しましょう。神棚がある家では、豆まきの前に神棚へお供えを。神様の力を宿らせる、という意味があります。
節分の豆まきは災いをもたらす鬼を祓い、福を呼び込むために行います。
家族揃ったところで家の戸や窓を開け、「鬼は外」と外へ、「福は内」と家の中へ豆をまき、まき終わったら、自分の年齢に1つ加えた、数え年の分だけ豆を食べます。
豆のまき方やまき終わったあとに食べる豆の数は、地方によって様々。「鬼は内」とする場合や、大豆を使わない地域もあるようです。

恵方巻きって?

最近、節分の時期にスーパーやコンビニでみかけるようになった恵方巻き。愛知県や大阪が発祥といわれています。恵方とは、その年のおめでたいとされる方角のことで、そちらの方角を見ながら、1本の太巻きを丸ごと、無言でまるかじりします。巻き寿司は「福を巻き込む」、切らないのは「縁を切らない」という意味があります。寿司の具は、七福神にちなんで7種類入れます。そのため、太巻きになるのです。
豆まきの豆と同様に、コンビニでも手軽に入手できますので、家族で試してみるのも楽しいかもしれません。

バックナンバー