3月3日はひな祭り

ひな人形で女の子の成長を願う

ひな人形で女の子の成長を願う イメージ

3月3日はひな祭り。ひな人形を飾って女の子の成長を祝うお祭りです。3月初めの巳の日は邪気が来る日とされ、水辺で体を清め、桃の酒を飲み、邪を払う「上巳の節句」という習慣が中国にあり、それが日本に伝わったものといわれています。
元々は自分の身代わりの意味をもっていた人形ですが、江戸時代には今のようなひな飾りの原型が誕生し、やがて三人官女、五人囃子、右大臣左大臣の随身、台傘、沓台、立傘を持った仕丁、ひな道具などが揃い、七段飾りなどになっていきました。
ひな人形の飾りつけは立春から2月中旬頃までに行い、前の日に飾るのは「一夜飾り」といって良くないとされます。
反対に片付けは手早く。3月3日を過ぎたらすぐに片付けるほうがが良いとされます。これは片付けが早いほうが早く嫁に行かれるという言い伝えからです。またひな人形は母と娘で共有するものではありません。ひな人形は、元々子供の身代わりとなって厄を受けると言う意味があるため女の子が生まれて初節句を迎えたら、新しいひな人形を用意します。

ひな祭りの料理

ひな祭りの料理 イメージ

ひな祭りは女の子のお祭りですので、それにちなんだ料理がたくさんあります。まず、海の幸、山の幸で彩りよく飾ったちらし寿司を作ります。地方によっては、うす巻き卵や貝でひな人形を作る、ひな寿司の風習もあります。 次に貝料理も欠かせません。特にハマグリのお吸い物は多くの地域で作られます。古来、3月3日には磯で遊ぶ風習があり、とった貝を供えたことの名残りともいわれます。また、二枚貝は同じ貝殻でないと二枚の貝がぴったりと合わないことから、結婚の意味合いも含まれています。
白酒は蒸した餅米に焼酎と麹を加えて醸造した、甘いお酒です。古くは白酒に桃の花びらを浮かべた「桃花酒」が飲まれました。
ひなあられは、豆や蒸した餅を乾燥させて炒ったものに、砂糖をからめたものです。炒る時に大きくはぜると「吉」と占ったと言われています。
ひし餅は、緑、白、赤の順にひし形の餅を重ねたものです。赤は疫病除け、白は清浄、緑は邪気を払うといわれています。古くはお正月に飾られていました。
住宅事情の関係から、ひな人形を飾る家庭も少なくなってきているようですが、子供の成長を祈る昔からの行事です。料理を作り、家族で楽しんでみませんか。

バックナンバー